スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イマ ふと思い出した 二風谷アイヌ話 その1、まりもまつりの巻 
 
昔 
ふと思いついてフェリーに乗って北海道へ行った事があります
当時を知る友人は 分かるかな 収穫時期だったのでね。

で おもいきりいきあたりばっ旅でしたので
行き先は 
「北海道」
くらいしか頭になかったんですわ。

「行けばなんとかなるでしょ ここ日本だし いま時期だし(←ここポイント)」
なんて いいかげんな 女 だ。我ながらイケイケだ。

とりあえず 早朝 新潟の港まで行って船に乗ります。
車を積んで行きました。

行きのフェリーのデッキで飲んだビール美味かったなあ
(ここから私の人生における太く短い酒浸りの日々が始まったのです)
さておき

行き先を考えるためにかっぱらって来たツアーのパンフなぞ見てみると
ちょうど到着日に
’’’「まりもまつり」’‘’
なる楽しげなおまつりがあるではありませんか。

まりも 祭っちゃうの? 

ね?気になるでしょ?行くでしょ?決まりでしょ。

え?と場所は?阿寒湖ね うんうん 有名ですよね うんうん
地図は?ふんふん 道なりっぽいね楽勝じゃん。
行き先も決まったし?寝るべ。

翌朝おそろしく早朝に小樽の港へ到着です

さてでは出発。朝の6時前です。

行けどもいけども峠が終わらない。
行けどもいけども町が現れない
行けども行けども行けども行けども阿寒湖まだですか?

そうです北海道は広くって、本土の感覚で地図を見てるとパラのイアックになってしまいます。

なんとか日暮れ前に阿寒湖到着。
キャンプ場でキャンプでも...と思ったら今年の営業は終わったとのこと。
まじですか。

でもまつりだとゆうことで特別にあけてくれた
ってか他にもいたからねお客さん。

適当にテントたてて 暗くなったのでお祭り会場へふらりと行ってみる。
阿寒湖温泉は温泉街の真ん中に広場があって
広場の入り口に大きなフクロウをモチーフにした門があるのです
トーテムポールみたいです。かっちょいいです
広場の周りにはお土産やさんとか アイヌ資料館とかあります

おまつりはアイヌの重鎮ぽいおじいさんとか若い娘さん(黒髪ストレート濃いめの顔立ちで美人)とかの
行列が広場に入ってくるところに遭遇しました

途中 火のついた矢とか放ったり
各地のいろんな踊りを奉納したりとか
(ツバメの踊りとか熊の踊りとかおもしろかったです。)

あ 花火あがった?

そんなこんなしてるうちになんだかおまつり終わったみたいです
帰って寝ようと帰り道
...うっわ? サムい?凍死すっかもしんね?

おまつり会場は人も多くたき火もあってなんだか熱気で気がつかなかったですが
相当気温下がってます。
一杯ひっかけてさくっと寝ます

北海道2日目
翌朝 とってもいい天気でした
おまつりプログラム2日目は
’’’「まりも奉納」’’’
なんですかそれ?!気になります 見に行きます。

パンフレットによりますと
マリモさまを 阿寒湖にお返しする
ふんふん どれどれ?

広場のあった所の反対の岸から船にのった長老らしきおじいさんが
うやうやしくまりもをかかげております
おお!まりもでかい!!小玉スイカぐらいあるぞ!!
それだけでかけりゃそりゃ祀りますね。

衝撃のまりも奉納の興奮さめやらぬままおまつり終了です
さてせっかくなんで温泉にでも入りますか
必殺!「すいませ?ん教えてくださ?い!」
(知らない人に尋ねるの大好き)
すると気のいいおじさんが
「まりも湯」ってのがあるから行きなさいと教えてくれました
ありがたいです。

まりも湯って名前もすげえな...

まりも湯 かなりいい湯でした。昔のことなんで具体的な説明できなくてすいません

お風呂でさっぱりしたあとは
ぶらぶらしつつ 次の行き先を考えて...

...あ 道路の反対側でヒッチしてる人がいる。

昨日祭りで踊ってた女の人のなかのミョーにガタイのでかい人だ
どこいくんだろ...

声かけてみよ

「どこいくの?!!」(大声)

するとその人
傍のデカイ荷物をヒョイと担ぎ上げてこっちに向かって猛ダッシュしてくるではないですか。

あら...男の方...ですかね??


なんか長くなってしまいましたのでとりあえずこれでおわり
一応続く。
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://nijinotani2000.blog63.fc2.com/tb.php/57-e031a350

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。