FC2ブログ
スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒュッテの帰りに尾瀬沼行ってきたんです 
 
・ヒュッテのお仕事が24日午前中で一時終了
・ここから尾瀬は車で30分
・今日はとってもいい天気
・長靴持ってきた

以上の条件が揃ったので 尾瀬沼までふらっといってきました

途中 御池(みいけ)駐車場という所で自家用車を置いて
バスに乗り換えて行くんですが
諸事情により途中までしか車が行けなくて
車を置いてチョット歩きました

したらな?んか派手?なセットが組まれてて

 


あらら 山開きでした

…そういえば去年も山開き遭遇したな…
 
これだ。去年は大清水(群馬県 片品村)だったなあ
 
山開きとゆうことで尾瀬の関係者がたくさん(主におえらい方)いました
面子が群馬と福島の人だけだったみたいですが

…新潟(魚沼)…も…一応…オゼ…なんですよね…

サミットだけしか出ないのかな(尾瀬サミットってゆう会議「みたいなの」がある)
尾瀬ルート活性化(最近県と魚沼が躍起になってるやつ) ねえ ふーん
自分らがまずしょっちゅう行けばいいじゃん
まあいいや

で 例の駐車場からバスに乗換えて約20分ほど
沼山峠(ぬまやまとうげ)と言う所でバスを降ります

なんととうとう今年からバス料金が値下げしてました!
¥530→¥400に!!最初間違えて払っちまったよ!

 
 会津バスのダンディな運転手さんがちゃんとお釣りくれたけどね

さて歩き始めマース

 
当然雪なの。6月アタマくらいまでかな?

こんな雪の中なので長靴が最適なんです。
登山靴+スパッツなんてダサイダサイ。イモですよ。時代は長靴。

尾瀬内の主要な所は大体木道(もくどう)ってウッドデッキみたいな道なんですが

 
 木道。ここは乾いてますね

そいつ意外と曲者で濡れるとすっごい滑りやすくなるのだ
こいつでコケて ヘリで連れて行かれる おばちゃん おじちゃんが多発
登山靴とかソールが硬いと面白いくらいよく滑る 
私が働いてた時はいつも長靴かサンダル(夏場ね)で通ってた。らくちんなんだもん。

ちなみに 沼山峠から入って山とか登らないで沼見て帰るんだったら
魚沼発 日帰り尾瀬 楽勝です


さて峠 終って 平らな道にでました

 
夏の思い出 水芭蕉。食べるな危険

ちよこちょこさいてました。このくらいならカワイイんですけどね
そのうち異常にでかくなる。アマゾンの人食い花くらいでかくなる。ちょいきも。
熊さんはこの水芭蕉のマイクみたいな黄色いところが好きらしいよ。

で どんどこあるいて
尾瀬沼 東岸地区 (長蔵小屋ってフェイマスな小屋とかビジターセンターとかあるエリア)
に今年から営業再開のキャンプ場を見に行きました
ウワサによるとキャンプ場なのにウッドデッキ張り…どんだけよ??
とおもって見にいったらば


 はー なるほどね?

こんなかんじのが27だか28張り分あるそうな
こんだけしかないので当然予約したほうがいいね
尾瀬沼ヒュッテ
http://www.ozejin-yamagoya.jp

前バイトしてた時に お客さんの「言いまつがい」で
「尾瀬沼フィフティーどこですか?」ってのがあったらしい
ヒュッテ  ヒュッテ  フィフティー  …似てるか?


まだまだ あるきます

こんどは去年働いてた小屋に挨拶しに行きました
ここから見える燧ケ岳がなんか好きで毎年同じアングルで撮ってます
 



んーイイネッ


そうこうしてたらお手洗いに行きたくなりました
尾瀬のおトイレはバクシーシ制です1回100円払います

 


何でバクシーシするのかといいますと
トイレットペーパー 補充やら お掃除やら 
またあるところでは
タンクに詰めてヘリで降ろしたりしなくてはならないのです
協力金なんです ミカジメ料なんですちゃんと払います。

ここでちょっとオモシロいもの紹介
尾瀬のマップ

 


英語・中国語・韓国語・ポルトガル語(だったと思う)
まあ親切!


以上 今回の尾瀬レポートでした…
あんまし有用でないことだらけで申し訳ない
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://nijinotani2000.blog63.fc2.com/tb.php/195-b01a17ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。