スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『よしだや』って何? 
 








『日刊 虹の谷便り』 に対して
こちらの
『週刊 吉田屋』
では
店主の自宅、割烹旅館の『吉田屋』
の情報を毎週土曜更新で
お伝えしようと思ってます
週刊なんでちょっと内容濃い目で…

『吉田屋』は
新潟県の魚沼市(旧湯之谷村)
大湯温泉とゆう山間の小さな温泉場に
私のおじいさんがはじめた
温泉に入れる料理屋でした
もとは料理屋だったので
お部屋のつくりも所謂旅館とは
ちょっと違うのです。
手前に架かる橋は
『合せ湯橋』
大湯温泉の奥にある栃尾又温泉と大湯を結ぶ橋として
おじいさんが架けた橋だそうです

お料理
ご馳走はもとより
最近では
『玄米菜食コース』
とゆう動物性の食材を使わずに
ゆっくり時間をかけて丁寧につくった料理を
お出しするプランもございます
野菜の炭火焼き、ぜんまいの信田巻、豆腐の味噌漬け
にいな(打ちマメとゆう大豆を叩いて平たくしたものと
野沢菜漬けを煮付けたもの)
など地のものをつかったお料理と
あったか温泉でお客様を
おもてなしいたします

お宿情報は
http://www.city.uonuma.niigata.jp/kankou
魚沼市観光協会でお問い合わせ下さい

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。